中古マンションを選ぶ時は築年数に注意

マンションに住むことに決めた場合には、新築マンションにするか中古マンションにするかで迷うことになる人もいるでしょうが、中古マンションの場合には、築年数にかなり幅がありますから、選ぶ時には気にしておきたいものです。 1981年の新耐震基準の分かれ目を気にするのはもちろんのこと、完成してから結構時が経過しているマンションの場合には、オートロックがないなど、設備があまり整っていない場合があります。 なお、中古マンションの中には、ハウスクリーニングを入れてきれいにしている物件もありますから、そういった点にも着目してみると良いでしょう。 ちなみに、中古マンションの場合だと、同じぐらいの広さであっても、新築マンションよりも安く住むことができるのが魅力と言えます。 耐震やきれいさは問題なく、設備や周辺環境も優れているのであれば、新築マンションよりもお得だと考えることもできるでしょう。 ただし、マンションと言うのは、ある程度年数が経過すると、大規模な修繕が行われる場合がありますので、そのへんは気にとめておいた方が良いものです。中古マンションに入居をしてから、修繕積立金が上がってしまうこともあるでしょうから、そういったタイミングも意識しておくと失敗のない物件選びができることでしょう。

Copyright ©All rights reserved.中古マンションの外観から考えられる色々なこと.